Elizabeth Cotten - In the Sweet By and By (youtube.com)




XATW-00139071

エリザベス・コットン(Elizabeth "Libba" Cotten、1895年1月5日 - 1987年6月29日)は、アメリカ合衆国のブルースとフォークのミュージシャンギタリストバンジョー奏者、シンガーソングライターである。

コットンは左利きのギタリストとしては、独自のスタイルを編み出した。通常、左利きの場合は右利きのギターの糸を張り替えて使用するが、コットンは張り替えせずに逆さまにギターを持って演奏した。それは、親指でメロディーを、他の指でベースラインを弾くことになる。その彼女のスタイルは、「Cotten Picking」として知られている。

2022年5月4日、米Rock & Roll Hall of Fame Foundationのロックの殿堂にて、アーリー・インフルエンス賞を受賞[1]

1950年代の後半、マイク・シーガーは寝室のオープンリールで、コットンの歌を録音していた。このときの録音はアルバム『Folksongs and Instrumentals with Guitar』で後に発表された。その中に収録されている「Freight Train」は彼女が11歳のときに書いたもので、ピーター・ポール&マリージェリ・ガルシアボブ・ディランジョーン・バエズデヴェンドラ・バンハートローラ・ギブソンローラ・ヴェイアーズヒズ・ネーム・イズ・アライブタジ・マハールがカバーした。まもなく、1960年にコットンはマイク・シーガーと一緒にスワースモア大学でショーに出演した。彼女の曲の1つである「Ain't Got No Honey Baby Now」は、ブラインド・ボーイ・フラーが1940年に録音した「Lost Lover Blues」である。





 どんなことにも創始者っているもんだけど、彼女の2フィンガーは多くのその後のギター奏者のお手本になったんだね。すごいおばあちゃんだよ。



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング