Kawakatuワールド

古代史研究家が客観分析を離れて 頭を空っぽにして作る男の好物。 料理とエッセイ、ときどき爆笑、ときどき不満爆発?

タグ:大分

花冷えの後、九州では4月前半は「花冷え」、後半の冷え込みは「寒の戻り」で、五月は北海道では「リラ冷え」などと季語があるけれど、花の後の「冷え」を使う季語 はなかなか見当たらない。寒の戻りでは味気ない。考えた挙句に「霜冷え」でよいかと。お題を、”天・天・天” ...

冷や汁は東南部九州の家庭料理冷たい味噌汁に必ずキューリのスライスを浮かべていただくなんちゃない、要するに紋次郎のかっこみネコ飯である。それをいかに上品に、貧しく見せずに客に饗ずることができるかでその地域の貧民のいかにつましくも品格ある生き方をしてきたかが ...

さっき書いた夢のことを書いてみよう。何種類かの乗り換え駅の夢である。もっとも最近見たのはメビウスの輪的な駅だ。夢では分かれた彼女が相方で出てくるのが常である。別府はよく歩いたからか?ま、二人でJRの電車を乗り換えるだけなのだが、わけがわからなくて目が覚めて ...

↑このページのトップヘ