Marvin Hamlisch 映画「スティング」  THE ENTERTAINER from The Sting (youtube.com)


水原事件はもはやスティング。
実体のない賭け事に賭けていた一平あわれ。

今回の非合法賭博問題が大谷選手や水原通訳に向かい始めた大本は、当初検察はブックメーカー胴元であるマシュー・ボーヤー氏の調査からあぶりだされた、あくまでも違法賭博問題調査の一部でしかないということである。検察の本命はボーヤーなのだということを。大谷・水原発見により、マスコミがあまりにここに集中してしまっている(本筋を忘れて枝葉に注目しすぎ)ということは忘れてはならない。

水原一平はあくまでもひとりの利用者にすぎず、金額が確かに大きいから話題性は高かっただろうが、彼は検察から見れば末端問題でしかないのだ。もちろん大谷が貸したとか盗られたとかは事件のおまけに過ぎない。しかもその賭け事はボーヤーが仕掛けたスティング(実態なき賭け事=てぬき)!

そこを忘れて、大谷の大問題に仕立てて、ネット上に大谷も怪しいのではなど騒ぎ立てるのは、主目的からはずれた末端騒動でしかない。一平はむしろボーヤーの手抜き罠にはめられた被害者なのだ。

従って、検察はあくまでボーヤーの不正を暴くためのひとつのアイテムとして水原をとらえていて、大谷問題だとは考えてはいないことになるだろう。彼らは枝葉なのだ。ボーヤーにとっても大金所持者の大谷の通訳はターゲットだった。

ということは、あらかた二人の証言を聞き終えて、齟齬がなければ、それらを証拠の一つとして本命ボーヤー逮捕の一案件とするだけだとなるだろう。

大谷・水原からの聴きとりはおそらく九月ごろまでには終わり、二人の真実はあきらかにされるだろう。そのあとはもちろん二人よりも本命ボーヤー立件へと向かう。

そない心配しなはんなや。秋にはすべては明白になる。待っとけばええのや。


IMG_2024-03-26-20-31-13-413


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

Kawakatuワールド - にほんブログ村




エッセイ・随筆ランキング