果たしてこれはなんの鍋?Kawakatuのことだからモルモット鍋だったりして・・・焼き鳥の起源を検索していたら、いろんなことを考えてしまった。焼き鳥っていうのはまず串にさして焼くのが基本。そういうのはいつ始まったかっていうと平安時代だっつうわけだ。その鳥は野鳥で ...

雨と曇天ばかりの日々。今日もまたどうってこともない朝飯。クロメ入りダブルねばちょろけの納豆に、クロメ入り野菜もたっぷり味噌汁にハムエッグとキャベツ千切りにヨーグルトかけ白菜漬けときんぴらごぼう。 洗濯は乾かずメジロも来ず寒いばかりの朝だ。あさだ、あさだよ ...

朝からカレーかい。そういう日もあるわい。昨夜のポトフを変身させたカレー。きんぴらをトッピングで繊維豊富。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村男の料理ランキングシンプルライフランキング60歳代ランキング ...

昨夜は寒かった!部屋も寒い!部屋で鍋物がしたい!で、最初は水炊きでもとやっていたら、ジャガイモやキャベツがあるな・・・ポトフにしよと。材料をキッチンで土鍋に並べてから部屋で炊く。部屋があったかくなるまで、チーズでワインをちびちび。 〆は残りでカレーに変身 ...

 ヨーグルトって最新学説では、効果が永続しない食品だと言われているけれど、そういうものってほとんどで、ニンニクだって酢だって、毎日食べなきゃ効果は持続しないのは当たり前なんだな。テレビニュースバラエティで山田さんがえらい言われているわけだけど、あなた、総 ...

てっちりと言えば関西でフグチリのことだが、そのチリってなに?チリと鍋はどう違うの?なんか考えながら、寒いのでタイチリをやった。チリは鍋と同じ意味。ただしチリは魚を使った鍋物。本来は、うすく切った魚が、湯の中でちりちりっと縮む音が名前になり、やがて普通の厚 ...

SNSのせいか、コロナ以前、以後、どうにも言葉狩りが一般人で増えているようだ。気軽に他人の言辞を告発するコメントが増えているらしい。だから自分はSNSをやらない。そういう行為は、自由な発言の破壊になる。日本国憲法は発言の自由が認められている。森喜朗以来、最近で ...

少々焦げたかんぱちかま。でもうまい。どこがうまいの?当然「あご骨」の中の身。チューブ状のあご骨の中に透けて見える、あきらかにほかとは違うつやのある、はりのある部分。つるんとして、むちむちで別格。ほかは?皮。ブリの仲間は皮が分厚いからよく焼いてやる。厚みが ...

珍しくデザートにお茶であります。静岡の新茶の袋を開けましてな。 よいお茶は茶柱が立たないのです。そのわけは一般的な煎茶はお茶の茎も入っていて、それが茶柱になってしまうのですが、玉露並みのお茶ですと茎をはじいてある。茶葉だけだから茶柱は立ちません。そのかわ ...

鯛の松皮焼は、タイの切り身の皮を焼きまして、身は半生に仕上げる料理で、和食・懐石の逸品。皮はしゃりっとぱりっとさせて、香りを出し、身の方は中が生と言うもの。それをほんのちょっとのごはんの上に置きまして、九条ネギとワサビをトッピングし、上からじゃあっと出汁 ...

いやああまりにくっきりとした由布岳なので、もう一回掲載したいわけで。昨日の由布は残雪があったのに、今朝の由布のすばらしかったこと!湯布院側から見る由布は、ぼくら大分市に住む者には、裏側。美しいコニーデ・豊後富士を見るには、こっち側からが一番だ。しかも鶴見 ...

 総合内科の検査を受けた。前回の集団検診後、二回目の検診を内科で受けてはどうかと、保健所から言われたので、かかりつけの先生に無理を言って近くの総合内科に紹介してもらい、胸をもう一度見てもらったのだ。病院と言うのが、まだ、今の僕にはすごく違和感がある空間だ ...

昼間が暑い!冷たい蕎麦が手繰りたい。冷蔵庫にゆふいんそばが入っている。寒い時期の鴨南は、かけそばとつけそばの二種類の食べ方があるけれど、暑い時はまずは冷やしたつけめんが一番。合鴨の丸(がん)をおでんつゆで温めて、冷たいそばつゆに浮かべる。鴨の脂がつゆにうっ ...

今朝も朝からメジロが群れる庭。出てみるといろんな花が咲いている。マンサクの、数日前までつぼみだったものが少し開き始め、今日は開花している。侘助ツバキに、今年はたくさん小さな花がついた。 スイセンも満開。ツバキの開花がここのところ年々遅くなっている。うちの ...

夜食は豚骨ラーメンを、たまあにだが作る。血糖値が高いからうすく作る。 合鴨つみれやもやし、かまぼこなんぞも贅沢だが乗せる。ラーメンの良さはトッピングが多いのでバランスがいいところ。でも栄養価は60過ぎにはやや高い。汁まで全部ズズット、若い頃みたいにたいらげ ...

昨日とは一転して今日は春だった。あったかいとは言っても夜は寒いはず。そうだ、おでんを作っておこう。昨日、ネタはセットものを買い込んである。あとはタマゴや大根など、あるものを足せば十分。まずは練り物を湯通しして、大根は塩ゆでで30分置き、じゃがいもを出しで茹 ...

昔、花戸筐(はなと・こばこ)という作家がいた。あかんたれ、どえらい奴など、番組にもなった作品の作家である。彼の晩年に週刊誌に連載していたエッセイが「花戸筐の人生裏切り裏切られ史」だったと覚えている。彼もたくさんの仲間からの裏切りや裏切られの人生を送った人で ...

蒼い世界Ⅰ次回ワタシノ・アイシタ・オンナ15は金魚。16はやあこちゃん記事を書きます。彼女たちに作った曲はありません。だって出会ったのはもうすでにワタシが40数歳の頃。さすがに歌を書く年齢ではなかったのです。しかしカラオケにはよく行きました彼女とは。13年つきあ ...

歌詞とコードだけじゃあ曲がわからんじゃないかい、とのコメントありて、書くより動画のほうが楽かなと。以前の記事にも動画を貼り付けました。「ワタシノ・アイシタ・女」カテゴリーからどうぞ。ワタシの・アイシタ・オンナ を含む記事 : Kawakatuワールド (blog.jp)それ以 ...

↑このページのトップヘ